【熱処理コラム】酸素濃度と露点測定について

9月となりましたが、まだまだ残暑が厳しい状況で熱中症が危ぶまれる状況であり、コロナ禍も終息までには至っていない状況であります。弊社としても取組を行っておりますが、平穏無事で有るよう祈念しております。

さて、今回は酸素濃度及び露点測定に関してご紹介いたします。弊社では真空熱処理を行っておりますので、真空度を計測する機器に関しては充実しておりますが、雰囲気を観測するツールに関しては必ずしもその然りでは有りませんでした。しかし、現在では何れも測定することが可能です。また協力メーカーにより数ppmのレンジでガスを作成することも可能です。各種試作も対応させていただいております。ご興味ございましたらお気軽にお問い合わせください。

愛知県安城市 株式会社メタルヒート
HP:http://www.metalheat.co.jp  / TEL:0566-98-2501

能登工場建築の様子 ~8月~

皆様こんにちは。

いよいよ能登工場が完成を迎えます!
本日は消防検査を実施しており、あとは微細な手直しやクリーニング等を残すのみです。
今月中に全ての工程が完了する予定でございます。

次月には完成後の様子を掲載させていただきます。
お楽しみにお待ちください。

今後とも変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

愛知県安城市 株式会社メタルヒート
HP:http://www.metalheat.co.jp  / TEL:0566-98-2501

【熱処理コラム】炉内圧力のコントロールについて

新型コロナウイルスが再燃しており、問題が深刻化しております。一刻も早い事態の終息を願うばかりです。

さて、今回は炉内圧力のコントロールについてご説明いたします。弊社では真空雰囲気到達後(最大10-^5Pa程度)各種ガスにて復圧行い、コントロールすることが出来ます。100Pa以下の低い圧力であっても、常圧付近の圧力であっても一定に保つことが出来ます(最大95kPa程度)常圧付近でありましたら対流加熱も可能です。

導入するガス種は窒素、水素、アルゴン等ございます。ミックスさせたい場合は、マスフローやミクスチャーガスを作成し、対応することも可能です。水素の高圧、高濃度を行う場合ことも可能ですが、事前の打ち合わせが必要となりますのでお気軽にお問い合わせください。

愛知県安城市 株式会社メタルヒート
HP:http://www.metalheat.co.jp  / TEL:0566-98-2501

能登工場建築の様子 ~7月~

皆様こんにちは。

今月も能登工場建築の様子をご紹介します。
今年は梅雨が長いですが、梅雨入り頃には屋根葺きが完了しておりましたので全体の工程には影響が無く、順調に進んでおります。
多くの工程が完了し、あと1ヶ月程で完成を迎えます。

写真は7月30日の様子です。工場内のコンクリート打設や事務所等の床面仕上げ工事等を行っていただいております。

今後とも変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

愛知県安城市 株式会社メタルヒート
HP:http://www.metalheat.co.jp  / TEL:0566-98-2501

【熱処理コラム】サブゼロ処理について

新型コロナウイルスにより各地緊急事態宣言が解除されつつあります。ともあれ一刻も早い事態の終息を願うばかりです

さて、今回はサブゼロ処理についてご紹介いたします。弊社では800*800*120サイズ、常温~-190℃までコントロール可能なのサブゼロ装置を保有しております。サブゼロによるメリットは様々ですが、その中でも経時寸法変化(経年変化)対策が行えます。焼入時に発生したγr(残留オーステナイト)は経時と共にマルテンサイト化します(時効硬化)マルテンサイト化すると硬く、大きくなります。これが経時寸法変化です。焼入後、焼戻し前にサブゼロを行うことにより、γrを数ヶ月~数年の時効効果を即時マルテンサイト化させることを目的とします。マルテンサイト化することでより硬く強靱化され、工具等の長寿命化に寄与します。

サブゼロ時における注意事項として、ヒートショックによる割れが挙げられます。弊社ではプロコンを使用した制御を用い多段階でゆっくりと冷やすことにより、割れを発生させることなく処理を行う事が可能です。また、シースとロガーを用い、雰囲気温度と実体温度の収斂の状況を確認及び記録することも可能です。ご興味がございましたらお気軽にお問い合わせください。

愛知県安城市 株式会社メタルヒート
HP:http://www.metalheat.co.jp  / TEL:0566-98-2501

能登工場建築の様子 ~6月~

皆様こんにちは。

今月も着々と能登工場の建築工事が進捗しております。
6月末現在では、鉄骨は全て組み終わり、屋根葺き工事、外壁取り付け工事が完了しております。
7月上旬には外部足場が完成され、工場の全体像がより分かり易くなると思いますので、楽しみです。

写真は6月18日の様子です。

今後とも変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

愛知県安城市 株式会社メタルヒート
HP:http://www.metalheat.co.jp  / TEL:0566-98-2501

能登工場建築工事の様子 ~5月~

皆様こんにちは。

能登工場n建築が着々と進んでおります。
鉄骨建て方工事の初日である、5月18日には立柱式が行われました。
およそ2週間で建て方が進捗し、現在では工場部分の鉄骨がほとんど組み終わっています。

次月には、屋根葺き工事や外壁の取付が予定されております。
完成が楽しみです。

今後とも変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

愛知県安城市 株式会社メタルヒート
HP:http://www.metalheat.co.jp  / TEL:0566-98-2501

第2工場にエアコンを設置しました

皆様こんにちは。

この度、弊社では作業環境の改善、製品の品質維持を目的として、第2工場の全てのエリアにエアコンを設置いたしました。毎年、梅雨明けの時期になると急激な環境温度の変化に身体が対応しきれずに、全国的に熱中症が発生します。弊社でも同様のリスクがあると長年懸念されておりましたが、ようやくエアコンを設置する事が出来ました。

とはいえ熱中症のリスクがゼロになる訳ではありませんので、安全衛生委員会の指導のもと、こまめな休憩や水分補給等、対策をしっかりと実施し健康管理に努めてまいります。

今後とも変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

愛知県安城市 株式会社メタルヒート
HP:http://www.metalheat.co.jp  / TEL:0566-98-2501

【熱処理コラム】結晶粒度について

新型コロナウイルスにより各地緊急事態宣言が解除されつつあります。ともあれ一刻も早い事態の終息を願うばかりです。

さて、今回は金属材料試験の内、結晶粒度について説明いたします。機械的性質である引張強さ、疲労強度などと密接な関わりがあり、結晶粒の大きさによって性能は大きく左右されます。つまり、正しく粒度をコントロール出来れば被処理物(製品)の性能を向上させることが出来ます。鋼に対してはオーステナイト結晶粒度番号にて善し悪しを判断いたしますが、番号の大きいほうが細粒で、小さい数字ほど粗粒となります。粗粒ほど機械的性質は脆弱であり、細粒であるほど性質は向上します。結晶粒度は加熱する温度や時間によって結晶粒度が変化します。例えば焼入であると温度が高ければ高いほど、時間が長ければ長いほど粗粒になります。熱処理は加熱、均熱が至らなければ(時間が満たなければ)製品をして使い物になりませんが、必要以上の温度設定、加熱・均熱時間(特にフラットトップ)は品質を脆化させる要因となります。

弊社では、品質改善のためのご相談を承っております。結晶粒度を細粒化させたい、耐摩耗性を向上させたい、経時寸法変化を抑えたいなどご要望がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

愛知県安城市 株式会社メタルヒート
HP:http://www.metalheat.co.jp  / TEL:0566-98-2501

弊社のAI、IoT等活用技術が中部経済産業局HPに掲載されました

皆様こんにちは。

この度、弊社のIoT技術を活用した真空熱処理炉の遠隔集中管理、さらには熟練工のノウハウの収集蓄積に関する取り組みが、中部経済産業局「AI、IoT等デジタル技術の活用による素形材・部品加工企業における競争環境整備調査」の取組事例として掲載されました(3.事例集の【事例11】に掲載)。
https://www.chubu.meti.go.jp/c31seizo/chousa/index.html

弊社ではこうしたAI、IoT技術を活用して、今後の遠隔地での生産に関して集中管理を行い、安定した生産体制の確立を行ってまいります。

今後とも変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

愛知県安城市 株式会社メタルヒート
HP:http://www.metalheat.co.jp  / TEL:0566-98-2501